仮想通貨とは、ビットコインとは

仮想通貨=ビットコインと思われて居られる方も多いと思います。それも正しいです。仮想通貨の代表格なのがビットコインです。ビットコイン以外の仮想通貨の事をアルトコインと呼んでいます。

ビットコイン(仮想通貨)とはインターネット上で取引ができる通貨のことです。国家に属しておりません。インターネットさえ繋がっていれば取引可能なので、通貨の違う国、例えば日本とアメリカ間でもスムーズにお金のやりとりが出来るのがこの通貨の特徴であり、強みでもあるのです。この特徴により、今まで手数料の高かった海外送金が格安に、場合によっては無料でできるようになりました。

そして紙や硬貨などの現物ではないので偽装もできません。これも仮想通貨のメリットの一つといえるでしょう。また日本にいると実感が少ないのですが、国家の存亡の危機に瀕した場合、その国の通貨は大暴落します。例えばその国が潰れてしまうと、その国の通貨は紙くずと化すわけですから。しかしビットコインはその心配はありません。また金利政策などの国による政策の干渉も受けません。
また、ビットコインは発行量も限られていますので、急なインフレに見舞われることもないのです。

アルトコインとは

仮想通貨の代表格がビットコインで、それ以外の通貨をアルトコインと呼んでます。
コインと呼びますが、実際には仮想通貨に組み込まれた一部の機能(仕組み)もアルトコインと呼んでいます。

さて、色々な仮想通貨が世界各地に存在しています。ビットコインが代表格ですが、それ以外にも取扱量は少ないものの、さまざまな仮想通貨(アルトコイン)があります。今はビットコインだけではなく、アルトコインを購入する人々も増えています。

これから仮想通貨を投資(投機)目的に行ってみようと思っている人は、ビットコインもよいですが、それ以外のアルトコインを少額で購入してみると楽しめると思います。その理由は、ビットコインの価値は右肩上がりで価値が高くなっています。ビットコインが世の中に誕生したときは、日本円の価値としては1ビットコインが1円以下でした。それが、あっという間に上昇して、2017年10月には1ビットコインあたり70万円前後で推移しています。これだけ価値が上がると、この先に数十倍以上に上がる事は難しいかも知れません。しかし、アルトコインであれば、まだまだ1コインあたりの日本円の価値が数十円のものがあります。これならば、将来において数十倍の利益も十分に有り得ます。逆に、価値が0円になる可能性も十分に有り得ます。

コムサとは

COMSAコムサとは、日本初のICO(仮想通貨のIPO)であるということです。
「COMSA」の第一弾として実施したトークンセール(事前の申込みで通常より安く買える)において、売上が国内初で100億円を超えた事を発表しました。
そんな話題になる事も多い日本初のICOプラットフォームコムサトークンとは一体どんなものなのでしょうか。
端的に言えばCOMSAというトークン(コイン)で、仮想通貨としての役割だけではなく株式のような使い方も出来るのが最大の特徴です。
仮想通貨というとビットコインが有名なのでその一種として考えると分かりやすいですが、ビットコインでは株式のような使い方は出来ません。
COMSAがどういったものなのか詳しく見ていくと、ICO(株で言うところの新規上場株IPO)であるということです。しかし、株の場合は企業という存在がありますが、COMSAは企業ではなく通貨なのがポイントです。
COMSAは事前登録した権利者が購入を終えた段階で、流通量にロックが掛かり以降の新規発行が一切なくなります。ビットコインも発行上限数が決まっており2140年頃にはマイニング(採掘)されなくなると言われていますが、COMSAの場合はそれが明確に宣言されているものと考えてください。
株で言えば増資を行うと希薄化されてしまいますが、COMSAの場合はそれがないということになります。
しかし、これだけではCOMSAの中だけで行われる話なので価値が生まれないのではないかと考える人もいるでしょう。そこでポイントとなるのがICOであるということです。COMSAはICOプラットフォームとして存在していくので、今後企業のICOをするためにはCOMSAが必要になるということになります。つまり、COMSAを持っていない人は、参加出来ない案件が増えてきてしまいます。株式で言えば証券会社の口座を開設しないと株が購入できないのと一緒で、COMSAがないとICOに参加できないということです。
COMSAでICO案件があった場合に参加するためにはCOMSAを購入しなければならないのに、COMSAは新規発行がないので取引所で購入するしか無いということになります。COMSAの流通量が限られている以上、ICO参加のために購入の需要が増えが値上がりするということになります。
コムサの価値が上がるかどうかは今後のICO案件の企業数が増えていくかどうかにかかっているといえるでしょう。COMSA専用ICOなどが増えてきた場合には値上がりの可能性は非常に高くなります。
ICOプラットフォームは日本初なのでこれからの部分も大きいですが、仮想通貨の新たな広がりになるかもしれません。

そして、コムサと連携の大手取引所ZaifザイフがCMSトークンの取扱い(取引)開始を予定しています。※取引可能時期については11月末頃を予定しています。
仮想通貨取引所 Zaifのアカウントをお持ちでない方は、事前の仮想通貨取引所Zaifザイフの口座開設をお勧めします。※口座開設まで本人確認を含め、約2週間程度かかる場合がございます。との事です。

コムサを持っている方はもちろんですが、これから、仮想通貨投資を始めようと思われている方も、COMSA(コムサ)トークンは、今後のICO案件次第で価値が決まると思われます。今後も注目度は高いので、コムサと連携の大手取引所Zaifザイフの口座開設は早めに済ませておきましょう。

仮想通貨はハイリスクハイリターン投資です。将来投資金が数十倍になるか、逆に0円になる可能性も十分有り得ます。投資金は無くなっても良い金額でお試しが良いでしょう。

仮想通貨投資を始めるのは、国内の大手取引所で開始すれば安全度が高く安心して取引出来ます。また、大手取引所の数社に口座開設を行い、資金分散で開始するのが良いです。取引所破綻など、万が一の事態に備えてリスク分散も大切です。
下記はオススメの3社です。私も、3社に分散投資しております。各社それぞれ、特徴が有るのでトレード手法に併せて使い分けてます。
資金分散のリスク回避策としても、とても有効です。

国内最大手の取引所 coincheckコインチェック
なら数日で口座開設完了します。
取扱い通貨種類もダントツの13種類です。
私は、多くの仮想通貨に少額分散投資中。
ストロングホールドを決め込んでいる投資は
国内最大手の取引所 coincheckコインチェックで投資してます。
数十年先に利益数十倍を夢見てます。
投資金は15万円。現在の利益は+25万円です。

CMでもお馴染みの取引所ビットフライヤー
大手で安心して取引出来ます。
ビットコインFXでも重宝します。
チャート画面も使い易く、スイング投資用の
メイン業者にしました。
現在の投資金は30万円。現在の利益は+45万円です。

コムサと連携の大手取引所Zaifザイフも日本初のICO
COMSA(コムサ)トークンを売買できます。
今後も話題が尽きない大手取引所です。コムサにより、
人気化して口座開設に時間が掛かりますので、早めに
口座開設は済ませておくのが良さそうです。