税金は利益が発生したら納めるのが義務ですが、知らないと節税出来ずに納め過ぎが起きます。また、納税漏れや忘れよる追加の納税が発生する事態にもなりますので、しっかりと理解しておく事は大切です。

FXの税金

FXの税率は

一律で20.315%です。

課税対象利益は

課税期間は1月1日~12月31日
為替差益(利益確定分が対象です。含み益、含み損は対象外)と
スワップポイント(受け取り分全てが対象)

損益通算出来るもの

限定的です。先物取引やオプション取り引き

いくら以上の利益が出たら納税必要か

サラリーマンの場合など給与所得がある方は20万円以上の利益。
専業主婦の場合は38万円以上の利益です。
※年末調整時の金額です。確定申告する場合は上記金額以下でも申告が必要です

損失繰越は可能か

3年間繰越可能(毎年確定申告が必要)

経費計上可能なもの

全額計上可能なもの(取引手数料 書籍 セミナー参加費と交通費 文房具代)
毎日の使用割合分で計上可能なもの(パソコン購入代、電気代、プロバイダ料金、スマホ代)
※ガイドラインがある訳では無いので詳しくはお近くの税務署にお問合せ下さいませ。

FXの税金まとめ

FXは株と違い源泉徴収される制度がないので、FXの利益が一定額以上発生した場合は確定申告をする必要があります。
FX投資は、損失が発生した時も3年間の繰越が出来るので、毎年確定申告した方が良いケースが多いです。

各個人の状況やお住まいの状況により納税内容が変わります。より正確な情報は、お近くの税務署にお問合せ下さいませ。(納税する為に聞いているので、分かり易く丁寧に教えてくれますよ。)

ビットコインなど仮想通貨の税金

ビットコイン仮想通貨の税率は

雑所得なので所得税(累進課税)+住民税です。

給与所得+仮想通貨利益=課税される所得金額が決まり、税率が決まります。
住民税は10%位です。

課税対象利益は

課税期間は1月1日~12月31日
差益確定分(含み益、含み損は対象外)
通貨の買替え時や物に変えた時点で課税対象です。

損益通算出来るもの

限定的です。雑所得扱い同士のみ可能。

いくら以上の利益が出たら納税必要か

年間で20万円以上の利益。(住民税は下限なし)
※年末調整時の金額です。確定申告する場合は上記金額以下でも申告が必要です

損失繰越は可能か

出来ません。

経費計上可能なもの

全額計上可能なもの(取引手数料 書籍 セミナー参加費と交通費 文房具代)
毎日の使用割合分で計上可能なもの(パソコン購入代、電気代、プロバイダ料金、スマホ代)
※ガイドラインがある訳では無いので詳しくはお近くの税務署にお問合せ下さいませ。
(特に高額のセミナー参加費や交通費などは御確認下さい)

仮想通貨の税金まとめ

大きく稼ぐと、その分高額な納税が発生します。損失が発生しても繰越することは出来ません。昔はFXも今の仮想通貨と同じ扱いで雑所得でしたので、今後の普及状況でFX同様に分離課税になるかも知れませんね。

各個人の状況やお住まいの状況により納税内容が変わります。より正確な情報は、お近くの税務署にお問合せ下さいませ。(納税する為に聞いているので、分かり易く丁寧に教えてくれますよ。)