数日前の仮想通貨暴落の切っ掛けの一つになった規制に関するニュースですが、その続編です。

独仏、ビットコイン規制を共同提案へ G20財務相会合
ロンドン=寺西和男2018年1月19日10時34分 朝日新聞デジタル
 仮想通貨「ビットコイン」について、ドイツとフランスが国際的な規制を呼びかける。金融緩和による世界的なカネ余りの中、仮想通貨への投機が過熱し、価格の乱高下で取引リスクへの懸念が強まっているためだ。3月にアルゼンチンで開かれる主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議での議題としたい考えだ。

 18日に独仏の関係閣僚がパリで共同記者会見して明らかにした。ルメール仏経済・財務相は「われわれは同様の懸念をいだいており、ビットコインを規制したいという考えを共有している」と述べた。

 ビットコイン取引のリスクを共同で分析したうえで規制案をつくり、G20会合で提案する。具体的な作業はフランス銀行(中央銀行)の元幹部に依頼しているという。アルトマイヤー独財務相も「市民に対して、リスクを説明し、規制でリスクを低減するという責任が我々にはある」と述べた。

仮想通貨の今後はどうなるでしょうね。今後において、もしも仮想通貨が終焉を迎える場合は「世界レベルでの規制」で終焉を迎えるのは間違い無いでしょう。

しかし、終焉を迎えるかは誰にも解りません。今後も右肩上がりに成長するかも知れません。

私は基本的に将来の予想はしていません。過去の事象に基づいて淡々とトレードするのみです。今後は上がっても下がっても、どっちになっても良いようにトレードするだけです。

過去の事例では暴落は買いだったので、タイミング良く【DMM Bitcoin】の口座開設キャンペーンが丁度始まった事も有り少額の追加投資を決めました。少額の追加なので更に下げても放置予定です。

この先の仮想通貨の行く末がどうなるかはトレードとは別に凄く興味が有ります。

口座開設申込は5分も有れば完了出来ます。
【DMM Bitcoin】口座開設はこちら
また、今なら1000円貰えるキャンペーン中!

私も早速、口座開設申込を済ませました。
最短2営業日で口座開設完了の通知が届きますので
楽しみに待ってます。

◆手数料最安値水準!
◆取引できる仮想通貨は豊富な7種類!
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ネム(XEM)
リップル(XRP)ライトコイン(LTC)
イーサクラシック(ETC)ビットコインキャッシュ(BCH)
◆日本円入出金手数料が無料(入金はクイック入金利用の場合)
◆豊富な注文方法を搭載! ┗ストリーミング、指値・逆指値、
OCO、IFD、IFO注文等。